お墓の形の種類と特徴について

お墓には様々な形があります。
お墓の歴史は古く、江戸時代中期以降に位牌をイメージした形から出来上がったと言われています。
日本でのお墓は竿石、上台、下台、二重台型等の一般和型が一般的ですが、その他にはどのようなお墓の形があるのでしょうか。

お墓の形とその特徴について

・洋型
日本では戦後に一般的になった形で、別名をオルガン型墓石とも呼ばれています。
外国人墓地に多く見られ、芝生墓地に多くあるものが代表的です。
・五輪塔
五輪塔は平安時代後期頃から使用されるようになり、鎌倉時代に入ってから一般的な墓石の形になったと言われています。
密教との関係が深く、その影響を受けて五智輪、五輪等とも呼ばれるそうです。
ここで使われている「輪」は、一切の功徳を円満にしていると言う意味もあるそうです。
・宝塔
平安時代以降に使用されるようになり、相輪、竿石、丸型塔身で構成されています。
・宝篋印塔
本来の役割では、善を称え悪を遮ると言う陀羅尼経を納めた塔であったと言われています。
・卵塔
台座の上に卵型の塔身を建てたもので、主に僧侶のお墓として使用されているそうです。
・層塔
仏舎利を納めた塔である、卒塔婆をイメージした形をしています。
五重、三重、十三重等の形式に相輪を乗せた形をしています。
平安時代よりも前から存在していたと言われています。
・神道型
特に決まり事はありませんが、神道型のほとんどの墓石は天叢雲剣の形をしているものが多くあります。
お墓は古代より故人を埋葬する為に使用されてきたと言われていますが、なぜお墓を建てるようになったのでしょうか。
様々な説がありますが、具体的にお墓として建てられるようになったのはいつ頃からどのような意味を持っていたのでしょうか。

お墓を建てるようになった時期とその意味

故人を供養すると言う習慣が出来始めたのは室町時代だと言われています。
お墓も現在とあまり変わらない状態で建てられていたと言われています。
一般的に庶民の間にも広まったのは江戸時代と言われ、それより前の時代には故人が蘇る為の儀式でもあったとされています。
お墓の石に文字を刻み、お迎えするのは、その故人の宗旨のご本尊様であると言う説があります。
ご本尊様をお迎えした仏石(阿弥陀仏様)に故人の戒名等を刻む事により、仏様と故人が一体となって仏になった事を表現していたようです。
また、一説では、遺骨は土に還す事が出来ると言う考え方があったと言う説もあり、その為に埋葬を行ったとされています。
更に、お写経を奉納する為の物としての意味もあったようです。
単なる地球上の一個人が、あの世の聖なる仏様の居住する世界に浄土を形成する為に、お写経の力を借りたとも言われています。
このようにお墓を建てるようになった時代やその意味には諸説あります。
ですが、いつの時代でも故人を忍ぶ気持ちがあった事、故人があの世での暮らしに困らないよう、また蘇るまでの間しばし眠る場として、作られたお墓である事は確かなようです。
◆はじめてのお墓選びならこちら!
首都圏最大級の霊園・墓地情報サイト[はじめてのお墓選び.com]
http://ohakaguide.com/

あなたのお墓選びをサポートします。

更新情報